【Illustrator】版ズレ文字の作り方をご紹介

デザインの参考にポスターやWebサイトを見ているときに、文字の縁の線と塗りがズレているデザインってありますよね。

ラフなイメージを持たせたい時やポップなイメージ、可愛い雰囲気のデザインの時などと使いやすいデザインですが、Illustratorだとほんの少しの手間で作成できますので、覚えて使える様にしておきましょう!

版ズレ文字の作り方

1.まずは適当に文字ツールから文字を書こう。

まずは何でも良いので、文字ツールから文字を書きましょう。
版ズレ文字を作った時に太い文字の方が分かりやすいので、フォントは太いもののほうが良いかもしれません。

下記の画像ではAdobeフォントから「A-OTF 勘亭流 Std Ultra」を使用してみました。

2.アピアランスパネルを開こう。

次にメニューバーの「ウィンドウ」からアピアランスパネルを開きましょう。

アピアランスパネルはよく使うパネルなので、ワークスペースに登録しておいたり、ショートカットを覚えてサクッと開ける様にしておくのがおすすめです。

メニューバーの「ウィンドウ」から、アピアランスパネルを開こう。
メニューバーの「ウィンドウ」から、アピアランスパネルを開こう。

3.文字自体の色を消そう。

3.1 文字をダブルクリックしよう。

次に作成した文字を選択した状態で、アピアランスパネルにある「文字」をダブルクリックしましょう。

作成した文字を選択した状態で、文字をダブルクリックしましょう。
作成した文字を選択した状態で、文字をダブルクリックしましょう。

3.2 塗りと線の色をなしにしよう。

ダブルクリックすると文字自体の塗りと線が変えられるようウィンドウに遷移するので、どちらもなしにしておきましょう。
アピアランスパネルを使用して、文字を加工するときは文字自体の色や線はなしにしておくのがおすすめです。

文字自体の塗りや線はなしにしておきましょう。
文字自体の塗りや線はなしにしておきましょう。

3.3 テキストの編集画面に戻ろう。

文字自体の塗りと線をなしにしたら、テキストの編集画面に戻りましょう。
編集画面には「テキスト」をダブルクリックすれば戻ることができます。

テキストをダブルクリックして、テキストの編集画面に戻ろう。
テキストをダブルクリックして、テキストの編集画面に戻ろう。

4.テキストの塗りと色を追加しよう。

4.1 パネルの下部から塗りと線を追加しよう。

テキストの編集画面に戻ったら、塗りと線を追加しましょう。塗りと線はパネルの下部にあるボタンから追加することができます。
ちなみにこの時点で線がギザギザしているという方は、線パネルから線の結合を「ラウンド結合」に変更してみてください。

パネルの左下にあるボタンから、塗りと線を追加しよう。
パネルの左下にあるボタンから、塗りと線を追加しよう。

4.2 塗りと線に自由に色をつけよう。

追加したら塗りと線に自由に色をつけましょう。今回は塗りを水色で線を茶色にしてみました。

色は追加した塗りと線の下矢印をクリックすれば、変更することができます。

塗りと線の色をつけよう。
塗りと線の色をつけよう。

4.3 線が塗りの上に来るようにしよう。

この時点で線が塗りの下に来ている場合は、パネルで線が塗りの上に来るように移動しましょう。
順番は塗りや線を選択した状態で移動させたい位置にドラッグアンドドロップすれば、移動することができます。

選択している塗りや線は、ドラッグアンドドロップで順番を入れ替えることができます。
選択している塗りや線は、ドラッグアンドドロップで順番を入れ替えることができます。

5. 線に効果をつけよう。

5.1 効果の変形を選択しよう。

ここまで来たら後は線に効果をつけて終わりです。線を選択した状態で、パネルの下にある「fx」と書かれた小さなボタンを押してください。
すると効果を選択できる画面が出てきますので、その中から「パスの変形」→「変形」を選択しましょう。

「パスの変形」から「変形」をクリック
「パスの変形」から「変形」をクリック

5.2 移動で線の位置をずらそう。

画面が開いたら移動の数値を好きにずらして好みの位置に移動してみましょう。画面下の「プレビュー」にチェックが入っていたら、変更時の見た目を確認しながら変更できますのでこちらはチェックを入れた状態で確認しましょう。

作業が終わったら、画面下のOKをクリックして効果をつけましょう。

移動で好きなようにずらしてみよう。
移動で好きなようにずらしてみよう。

6. 完成!

ここまでの作業で版ズレ風のデザインの完成です!一度つけた効果はパネルの効果名をクリックすると、いつでも変更できますので気楽に色々試してみると良いと思います。

ちなみにアピアランスパネルで作成した文字の装飾は、文言を変更しても維持されますので色々なフォントや文字で試してみるのもおすすめです!

アピアランスパネルで作られた文字の装飾は文字を変更しても適用されます。

おわりに

いかがでしたか?

ちなみにこちらで紹介しているアピアランス機能をうまく使える様になれば、プロっぽい楽しいデザインがたくさん作れますので、色々調べてみるといいと思います!

Illustrator 角が丸く削れた四角形や 枠線を簡単に作る方法

Illustratorでデザインしている時に、角が丸く削れた四角形や枠を作りたい […]

Illustrator 文字を斜めに傾ける方法

Illustratorでデザインしている時に、文字を斜めに傾けたデザインにしたい […]

Illustrator 30秒で作成!波線をサクッと作る方法

ちょっと目立たせたい時、文字の左右、デザインで波線を使いたい時って多いですよね。 […]