【Illustrator】一回り小さいパス・大きいパスをサクッと作成する方法

Illustratorで素材を作成している時、同じ形をした小さいパスや、大きいパスを作成したい時ってありますよね。
複雑な形の場合、コピーして縮小・拡大をすると角が合わなかったりするので注意が必要です。

そこで今回は複雑な形のパスでも、一回り小さいパス・大きいパスを作成する方法をご紹介したいと思います!

一回り小さいパス・大きいパスをサクッと作成する方法

今回はこちらの形のパスの一回り大きいものを作って行こうと思います。

こちらの形の作成方法は下記の記事で紹介しています。

関連記事

Illustratorでデザインしている時に、角が丸く削れた四角形や枠を作りたい時ってありますよね。 [caption id="attachment_2483" align="aligncenter" width="1000"] こん[…]

Illustrator 角が丸く削れた四角形や 枠線を簡単に作る方法

1.アピアランスパネルを開こう。

まずはメニューバーの「ウィンドウ」からアピアランスパネルを開きましょう。ショートカットキーは「Shift + F6」です。

アピアランスパネルはよく使うパネルなので、ワークスペースに登録しておいたり、ショートカットを覚えてサクッと開ける様にしておくのがおすすめです。

メニューバーの「ウィンドウ」から、アピアランスパネルを開こう。
メニューバーの「ウィンドウ」から、アピアランスパネルを開こう。

2.アピアランスパネルから線を追加しよう。

次にパスを選択した状態でアピアランスパネルの下部から「線を追加」ボタンを押して、線を追加しましょう。
パスを選択していない状態で追加しても何も起きないので、注意しましょう。

パネル下部にあるボタンから、線を追加ボタンをクリックしよう。
パネル下部にあるボタンから、線を追加ボタンをクリックしよう。

3.新規効果のパスのオフセットを使おう。

次に追加した線を選択した状態で、パネル下部にある「fx」と書かれた新規効果を追加ボタンから、「パスのオフセット」を選択しましょう。

1.追加した線を選択しよう。2.パネル下部にある新規効果を追加から、パスのオフセットをクリックしよう。
パネル下部にある新規効果を追加から、パスのオフセットを選択しよう。

4.パスのオフセットパネルで自由に調節しよう。

次にパスのオフセットパネルが表示されるので、自由に調節しましょう。
オフセットの数値で元のパスから何px大きくするか小さくするかを入力できます。元のパスより小さくするにはマイナスの数値を入力します。

角の形状ではラウンドは丸くできたり、ベベルは射角にするかを選ぶことができ、角の比率では数値が大きいほど鋭角になります。
プレビューにチェックをつけた状態で変更を加えると、変更後の見た目を確認しながら作業できますので、好みの見た目に調節しましょう。

プレビューにチェックをつけた状態で、自由に調節しましょう。

5.完成

こちらで完成です!

アピアランスパネルから作成すると修正も簡単!

こちらの作業はメニューバーの効果からも適用すると後の修正が難しいのですが、アピアランスで適用した場合は修正も簡単に出来ます。

アピアランスパネルには適用している効果が表示されているので、そちらをクリックすると再調整できます。

適用した効果をクリックすれば、再調整ができます。
適用した効果をクリックすれば、再調整ができます。

おわりに

いかがでしたか?

今までコピーして調整していた方にとっては、より綺麗に作れますし時短にもなりますよね。
アピアランスとても便利な機能なので、積極的に使用していきましょう!

Illustrator 1分で作成!縁付き文字をサクッと作る方法

動画や写真の上に文字をのせたい時、デザインされた字を作りたい時、さくっと縁付き文 […]

Illustrator 同じ色のオブジェクトの色を同時に変更する方法

Illustratorで素材を作成している時、同じ色をまとめて違う色に変更したい […]

illustrator アートボードの周りにある赤い線 (裁ち落とし・塗りたし)を消す方法

Illustratorのアートボードの周りにある赤いガイドの線。あの線は印刷物の […]