テレワークとは?

近年コロナ禍の影響もあり、テレワークを推進する企業やテレワークに適した施設やサービスなどが増えてきました。

そしてテレワークは、政府が推進していた働き方改革との親和性が高く、その波はコロナが落ち着いた後も引き続き大きくなることが予想できます。

そこで今回は改めて、「テレワークとは?」という観点からテレワークについて紹介します。

テレワークとは?

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

引用:テレワークとは|日本テレワーク協会

ちなみに「Information and Communication Technology」は、通信技術(インターネット等)を活用したコミュニケーションを意味しています。

テレワークとリモートワークの違いとは?

Telework テレワーク Remotework リモートワーク

テレワークとリモートワークの違いとは何なのでしょうか。

結論語源が違うだけで、意味に相違はないです。
テレワークは「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語で、リモートワークは「remote=遠隔」と「work=働く」をあわせた造語なので、どちらもほとんど変わりないですよね。

ではどのように使いわけるかといえば、「所属している団体が利用している言葉に合わせる」、「話している相手に合わせる」で問題ありません。

具体的な意味の違いはなく、業種や職種などによって使い分けに傾向がありますので、意味の履き違いが起きないよう素直に同じ言葉を使用するのが無難でしょう。

テレワークと在宅勤務の違いとは?

在宅勤務はテレワーク協会の定義によると、テレワークの中の一つの働き方が在宅勤務になります。

下記図をご覧ください。

テレワーク 在宅勤務 モバイルワーク サテライト コワーキング ワーケーション

在宅勤務は「自宅」を仕事場とする勤務形態です。在宅の「宅」を自宅の「宅」と捉えると覚えやすいのではないでしょうか。

テレワークは「場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」と上述した通りなので、自宅も含んでいますよね。

在宅勤務は自宅にいなければならないという定義で認識している会社もあるため、コワーキングスペースやカフェなどで仕事したいと考えている方は、働く前に「在宅勤務」という言葉の認識について、しっかり確認しておくことをおすすめいたします。

その他のテレワークに含まれる働き方は以下の通りです。

モバイルワーク

交通機関などでモバイルデバイスを利用して仕事をしたり、カフェなどの飲食店を仕事場にするテレワークのことです。

サテライト・コワーキング

企業などが所有しているテレワーク専用のオフィスのことをサテライトオフィスといいます。
そのサテライトオフィスやコワーキングスペースなどを仕事場にするテレワークのことです。

ワーケーション

ワーケーション(workation)とは「仕事」を意味する「ワーク(work)」と休暇を意味する「バケーション(vacation)」から生まれた造語です。

いわゆるリゾート地のような休暇で行くような場所を仕事場にするテレワークのことです。

▼ワーケーションについての詳細はこちら

関連記事

ワーケーションという言葉を聞いたことがあっても、どのような概念なのかがわからない人も多いでしょう。 この記事ではワーケーションの意味はワーケーションが登場してきた背景について説明します。 今後の働き方との関連性についても、ワーケーシ[…]

芝生の上でパソコンを開いて談笑する男女の写真

テレワークによって変わる働き方への考え

LIFE WORKと書かれている写真

コロナ禍でテレワークが浸透してきたことにより、働き方が改めて見直されることになりました。

いままでテレワークを取り入れようと考えていても、後回しにしていた企業も取り組まざるえない状況になったことや、世の中全体がテレワークを推進したことにより、一気に働き方への考え方に変化が起きています。

「オンラインでできることはオンラインでやる。」といった流れも大きく、会議や面接などをZoomやGooglemeetなどのオンラインツールを使用して行うことが通常になっているという企業の方も多いのはないでしょうか。

また、オンラインの環境が整備されたことにより、今までは場所の都合上、受けることのできなかった企業への応募などといったハードルも低くなり、地方移住などに対する関心も高まっています。

テレワークが抱える課題とは

しかし、一方でテレワークに対する考えはポジティブなものばかりではありません。

テレワークにおいて、懸念しなければならない点も多くあります。

コミュニケーション不足

まずはコミュニケーション不足があげられるでしょう。
チームなどで仕事をしている場合、Face to Faceで話したほうがチームワークもあがるというもの。

コミュニケーションの向上が仕事の質を上げるような職種の場合は、定期的にテレビ会議を行ったり、定期的に出社するなどハイブリッドな働き方を取り入れることも重要でしょう。

集中力などがキープするのが難しい

テレワークに慣れてきた方だと、体験したことあるという人も多いと思いますが、やはり人間にとって慣れは恐ろしいもの。

自宅などで仕事していると、ついつい仕事から気がそれてしまって集中できないということも多々あります。

そのような時はなんとなく気分のせいで済ませるのではなく、原因を言葉に表して対処していきましょう。

▼テレワークで集中したい人向けの記事はこちら

関連記事

はじめに テレワークを始めて、「なんだか集中できない…」「ついダラダラしてしまった」という経験はありませんか? 出社しなくなった分、周囲の目が無くなって緊張感が続かなかったり、気持ちの切り替えができなかったりすることもあるでしょう。 […]

テレワーク中に集中できていない男性の写真

テレワークの成功事例

一方そのような課題を抱えながらも成功したと言われている企業にヤフー株式会社の取り組みがあります。

ヤフーはもともと2014年のコロナ禍になる前から、「どこでもオフィス」という月5回テレワークができるという制度を設けていたため、従業員がテレワークでの働き方に慣れていたというのが大きな理由の一つでしょう。

テレワークによって仕事の生産性が落ちたり、会社の売り上げや利益が落ちたりする影響もなかったということで成功事例といえます。

ヤフーのような大企業が先行してこのようなポジティブな結果を残していることは、テレワークでの働き方に問題を抱えている企業にも、いい影響を与えるのではないでしょうか。

テレワークによってワーケーションに取り組む企業・自治体が増加

日本地図の上にデバイスのアイコンが浮かんでいる写真

テレワークが普及してきたことにより、リゾート地を仕事場にして人を呼び込もうという自治体や企業によるワーケーションへの取り組みが増加しています。

軽井沢や飛騨などの観光地での取り組みなどもニュースに取り上げられていますし、次々と全国の自治体や企業が情報を公開しているので、興味がある人はぜひ「ワーケーション」で検索してみてはいかがでしょうか。

▼新潟県の事例の記事はこちらから

関連記事

はじめに 新型ウイルスの流行によりテレワークが普及し、地方移住ブームが起こる昨今。 二拠点居住やテレワーク移住、ワーケーションが注目される中、新しい働き方を模索する人を積極的に受け入れているのが、新潟県妙高市なんです。 今回は[…]

テレワークとは?まとめ

いかがでしたか。

テレワークという言葉をしっていてもなんとなく使っていた人も多いのではないでしょうか。
働き方をテレワークにしたいと考えている方は、最近はテレワークを導入している企業も増えてきていますので、探してみてはいかがでしょうか。