【Webライター】Webライターになりたい人におすすめの本まとめました【なるには/文章術】

はじめに

Webライターって、書くだけで稼げるなんて楽そー、と侮るなかれ!
Webライターに挑戦して挫折する人は意外と多いんです。

その原因はリサーチ不足。
どうやって書くか、どこで発表するか、どうマネタイズするか、きちんと考えて取り組まないと「なんとなく時間がとられて大変だし稼げない」という状態に陥ります。

ここでは、「Webライターを仕事にしてみたい。副業で良いので稼げるようになりたい」という方向けに、具体的でためになる良書を集めました。

Webライターとして自由な働き方を得るために、ぜひ役立ててみてください。

 

総合

文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。Webライター実践入門 / 岸 智志

Webライターになることを本気で考えたらまずこれ、と言える一冊。

・どういう仕事なのか
・収入はどうなるのか
と言った初歩的な項目から、

・企画の立て方
・取材の仕方
など具体的に役立つノウハウまでおさえられている、バランスの良い1冊だと思います。

休職で絶望したわたしが副業Webライターで月5万円稼いで自己肯定感をあげた方法: 時給を280円から7倍にした秘訣とは? / やまね

Webライターで月5万。多いと思います?少ないと思いますか?
実はブログやアフィリエイトなどを始めても、月5万円に到達する人は非常に少なく、多くが挫折してしまいます。
「5万円の壁」とも言えますね。

一方で、毎月安定して5万円程度稼げたら、年収は60万円アップ、副業としてはかなり「おいしい」と感じませんか?

この本は、他人に気を使いすぎて疲れてしまう著者が、それでも毎月稼いでいくための文章術(もはや”生き方術”でもある)を示しています。

同じように、会社でバリバリやるのは疲れてしまう、人と距離を置きながら少し稼いでみたい、という方にはぴったりなのではないでしょうか?
5万円までのロードマップが具体的に描かれていますよ。

 

文章術

本とコーヒーとメガネの写真

超ライティング大全――「バズる記事」にはこの1冊さえあればいい / 東 香名子

Webライターになりたいけどあんまり文章力には自信が…
なんか「売れる記事」ってどういうのか具体的に知りたい!

という方におすすめなのがこの本。
文学的にどうこうというより、「ポチらせる」「バズらせる」ことに特化した「超現実的ライティング術」を指南してくれる1冊です。

取材・執筆・推敲 書く人の教科書 / 古賀 史健

Webに限らず、「書くことで食べていく」人を目指しているならこの本がおすすめ。

「書く」そして「編集する」ことに関する技術はもちろん、「考え方」をきちんと示してくれている良書です。

取材して、書いて、推敲して、という一連の流れを一人できちんと完結できるライターは、各方面で需要の高い人材となれるのではないでしょうか。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社 e-SHINSHO) / 古賀史健

話せるけど、きちんと書けない。
そういう人って意外と多いですよね?

国語の授業でも、文章の書き方をノックのように練習するということはしていない場合が多く、「センス頼み」になってしまっている人が多いのが現状。

そんな人向けに、授業のように丁寧にわかりやすく、文章の書き方を指南してくれる本書。
読者目線、編集目線、での「読みやすさ」についても解説されています。

 

おわりに

いかがでしたか?
異業種で仕事を立ち上げようと思ったら、まずはじっくり調べるのが基本ですよね。

やみくもに手を出すのではなく、先人の知恵を借りて計画してみる。

成功のためにまずはこれらの本を一読して、Webライターに挑戦してみるのはいかがでしょう?