【初心者向け】Webライターにおすすめのタブレットをポイント解説付きでご紹介!

Webライターであれば、仕事をするうえで、パソコンやタブレットなどのデバイスは必須です。

Webライターはパソコンで仕事をする人が多いですが、タブレットでもメモを取るだけの使い方ではなく、キーボードを備え付けるなどすれば、文章を書くには十分な機能を備えています。

では、Webライターが仕事の目線でタブレットを選ぶときは、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか。

▼Webライター向けのノートパソコンの選び方はこちら

関連記事

Webライターにとって、仕事で使うパソコンは必需品です。毎日のように使う相棒のような存在ですから、自分に合うパソコンを選ぶ必要があります。 しかし、数え切れないほどのパソコンが販売されており、どのメーカーのどんなモデルを購入するか迷う方は[…]

ノートパソコンに向かってほほえむ男性の写真

タブレットを選ぶポイントとは?

タブレットを選ぶ際には、自分が仕事をする時の環境や必要な機能をよく考えて選ぶようにしましょう。

安価なもので十分

Webライターの作業では、負荷がかかるソフトを使用する機会はほとんどないので、安価なタブレットで性能的には十分です。

その分キーボードなどが付属していないタイプなどを購入した場合は、キーボードを買うなどライティングに必要な付属品にお金を使用した方が作業効率が高まるのでおすすめです。

ただし、文章を書く以外の仕事、記事の中の画像の加工をしなければならないといった場合は、使用するソフトがスムーズに動くかどうか買う前に調べておきましょう。

持っているデバイスで、足りない部分をタブレットで補おう

ノートパソコン・タブレット・スマートフォン

次に、環境の部分です。まずは自分が持っているデバイスの状況を見てみましょう。

スマートフォンは所持している人が多いですが、最近はパソコンに関しては持っていない人も多いですよね。

パソコンを持っていない方

パソコンを持っていない方で、普段からタブレットでWebライターとして活動したいという方は、少し画面の大きいノートPCのように使えるものを選びましょう。

Webライターが仕事をする場合、複数のタブや画面が開けることは重要です。執筆するためのソフトウェアやアプリを開き、その横で必要な資料などを置くことができると都合が良いからです。そのような点を踏まえて、同時に2画面開いてもしっかり画面が見れるようなものがおすすめです。

パソコンを持っている方

パソコンを持っている方は、持ち運びに便利な小さめのタブレットがおすすめです。

自分の仕事スペースを持っていない人、家で仕事ができない環境の人であれば、部屋を移動したり、カフェやシェアオフィスなどを利用することになります。
そのような時にパソコンは重いので、持っていくのが大変ですが、軽量のタブレットなら持ち運びに苦労がなく利用シーンも増えるでしょう。

このように実際に購入した時に、自分が持っているデバイスの中でどのような立ち位置にくるかを考えて購入しましょう。

Webライターにおすすめのタブレット

操作性を重視したい人はiPadにメリットあり

操作性が良く、自分のフィーリングでデバイスを使いこなせることを重視している人には、iPadがおすすめです。
iPadは、人間が直感的に操作できるように設計されているからです。

iPadは様々なタイプのものがありますが、Webライターにおすすめなのは、一番安価なノーマルなiPadです。
性能的にも十分なので、何を買えばいいかわからないという初心者の方にはおすすめの一台です。

Office製品をすぐ使いたい人は、Surfaceがおすすめ

納品先の都合でオフィスソフトを使うことが多いWebライターは、MicrosoftのSurfaceがおすすめです。

最初からMicrosoft Officeがインストールされているので、普段からWordを愛用しているWebライターの方には良いのではないでしょうか。
また、スタイリッシュな見た目な上、とても軽量なので持ち運びにも便利な点も魅力的です。

価格の低さを重視するならChromebookタブレット

オフィスソフトなどを使用する必要がなく、ネット環境があれば仕事ができ、スペックを重視しないWebライターは、Chromebookタブレットもおすすめです。

Chromebookは、起動の速さで他のタブレットをしのいでいます。

Chromebookの起動時間は10秒ほどとされ、重量も軽いので、外出先などで執筆を始める際にストレスを感じなくて良いことがメリットです。

また、価格帯も低めなので、サブのデバイスとしても持ちやすいでしょう。
Chromebookはビジネスの現場でも浸透してきているので、ビジネスライクに使う点でメリットがあります。

低価格のChromebookタブレットを考えている人には、LenovoのIdeaPad Duetシリーズがおすすめです。

一台持っていても損なし

パソコンでのみ執筆を行っているWebライターも、タブレットを持っていれば、パソコンにトラブルが発生したなどの場合でも、滞りなく仕事をこなすことができます。

Webライターは品質の良いものを納品するとともに、納期を守ることで信頼が得られるものです。

その観点でいうと、パソコンでのみ執筆を行っているWebライターも、リスク回避のために、サブとなるタブレットを用意しておくと良いのではないでしょうか。

関連記事

はじめに Webライティングで使うパソコン、どんな物を選べば良いでしょう? ライフスタイルによって基準は様々だと思いますが、今回は特に女性Webライターを対象に、おすすめの機種をご紹介します。   基本的なPC[…]

【女性向け】Webライターにおすすめのデザイン性の高いノートパソコン3選