副業Webライターはどこのサイトを使うべき?おすすめクラウドソーシングを紹介!

Webライター向けの案件が充実しているクラウドソーシングはたくさん存在します。そのため、特に初心者の副業Webライターの中にはどのサイトを使えば良いのかわからなくて悩んでいる、なかなか稼げなくて困っているという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者の副業Webライターにおすすめのクラウドソーシングを紹介します。

初心者の副業Webライターにおすすめのクラウドソーシング3

それでは、初心者の副業Webライターでもある程度稼げるクラウドソーシングにはどんなサイトが挙げられるのでしょうか。おすすめのサイトを3つ紹介します。

Shinobiライティング

Shinobiライティング Webサイト画像
Shinobiライティング Webサイト https://crowd.biz-samurai.com/

Webライターを始めて間もない方におすすめなのがShinobiライティングです。こちらはWebライティングに特化したクラウドソーシングで、単価は1文字当たり0.1円~0.3円程度が相場となっています。

この単価は相場よりも低く設定されていると言えるでしょう。ただ、500字以下の案件が特に多い傾向にあり、まず簡単な案件から挑戦してみたいという方でも手軽に利用できるクラウドソーシングです。

案件のジャンルも幅広く、自分の得意なジャンルを選んで執筆できるでしょう。案件の形式はタスク形式。そのため、空きさえあれば自分がやってみたいと思う案件に自由に挑戦できます。

記事を書いてお小遣い稼ぎ!今日からあなたもライター!ライター気分でどんどん記事を書いて稼ぎましょう!もちろん登録もご利用…

サグーワークス

サグーワークス Webサイト画像
サグーワークス Webサイト https://works.sagooo.com/

ある程度経験を積んで、腕に自信があるWebライターにおすすめなのがサグーワークスです。サグーワークスもライティング特化型のクラウドソーシング。

案件はタスク形式で、1文字当たり0.3円~0.5円程度が相場となっています。Shinobiライティングと比べるとサグーワークスは単価が高い分審査も厳し目です。ただ、Shinobiライティングはキーワードが複雑な場合があるのに対し、サグーワークスは基本的に指定キーワードが単語なので、人によってはサグーワークスの方が執筆しやすいと感じるかもしれません。

サグーワークスの特徴として、グレード制と一球入魂タスクが挙げられます。サグーワークスでは下からレギュラーAC、ゴールドAC、プラチナという7つのグレードが設定されています。グレードは次に詳しく紹介する一球入魂タスクの承認率によって決まっており、グレードが高くなればなるほど単価が上がったり、挑戦できる案件が増えたりします。

レギュラーCからスタートして徐々に上がっていくシステムです。ゴールドに昇格するためには一球入魂タスクの承認率が80%以上になる、プラチナになるためにはプラチナライター試験というサグーワークス独自の試験に合格する必要があります。

STEP UP!目標

一球入魂タスクとは単価が1文字当たり0.5円以上と通常のタスクと比べて高めに設定されている代わりに、1記事目で審査にクリアしないと2記事目以降に挑戦できないという仕組みのタスクのことを言います。

一球入魂タスクは通常のタスクよりも審査が厳しめに行われるのが特徴。厳しい分Webライターとしての経験を積めるので、一球入魂タスクには積極的に挑戦していきましょう。ちなみにゴールド会員以上の場合は一球入魂タスクでも1記事目の審査が免除されます。

サグーワークスはレビューが丁寧なのがメリットです。万が一タスクが非承認になってもその理由をしっかり解説してくれるので、Webライターとしての腕を磨けます。また、万が一審査に落ちてしまっても、通常のタスクと一球入魂タスクの2記事目以降で他の人にタスクを取られていなければ再提出できるのも良いでしょう。

クラウドワークス

クラウドワークス Webサイト画像
クラウドワークス Webサイト https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは日本最大級の総合型クラウドソーシングです。ライティング以外にも開発や翻訳など幅広い案件を取り扱っています。クラウドワークスではタスク制に加えてクライアントと直接契約を結んでお仕事をする固定報酬制の案件も用意されています。

タスク案件の単価は1文字当たり0.1円~0.5円が相場。ただクラウドワークスは出金時の手数料が割高なので単価×0.60.8円程度の金額と思っておきましょう。

固定報酬制の案件はクライアントに自分から提案をして契約を結ぶので、ただ質の良い記事を書けるスキルだけでなく、自分のスキルをアピールできるスキルが求められるのが大変なところでしょう。そのため、サグーワークスやShinobiライティングのようなタスク型のクラウドソーシングで経験を積んでから挑戦するのがおすすめです。

ただその分単価が1文字あたりの単価が1円以上の案件が多かったり、長期で固定のクライアントを獲得できたりするのがメリットです。固定報酬制の案件はITや医療など専門性の高い案件が中心です。そのため、Webライターの中でも自分の仕事や趣味を通して得た知識を生かしてお金を稼ぎたいという方におすすめでしょう。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」実績のあるプロに依頼・発注できるから安心クオリティーでどこよりも早くリ…

自分のレベルに合ったクラウドソーシングを活用しよう!

クラウドソーシングはサイトによって難易度や取り扱っている案件のジャンル、単価などが違います。そのため、自分の経験や持っている知識、希望する働き方に合ったサイトを選ぶことが大切です。駆け出しの副業Webライターの方はここで紹介したクラウドソーシングを中心に、自分が使いやすいクラウドソーシングを見つけて、ライティングの腕を磨いてください。

関連記事

クラウドソーシングサイトなどにおいて、多くのWebライティング案件が募集されています。これからWebライティングを始めたいと、考えている方におすすめの資格を3つ紹介します。 資格の内容や保有するメリットに加え、難易度や試験内容、勉強方法も[…]

これからWebライターになりたい!と考えている方にオススメの資格3選