【部屋がない問題】在宅テレワークに最適な環境を考えよう【間取り・レイアウト編】

ウチダさん
家でテレワークするようになったら、いろいろ気になることが出てきたなぁ
イエネコ
オンオフの切り替えが難しいからにゃ
ウチダさん
仕事に集中するために、部屋の環境をどう変えればいいんだろう?
イエネコ
家の中でも快適に仕事ができる、ちょっとした工夫を教えてやるにゃ

 

はじめに

テレワークの基本、自宅での業務(在宅ワーク)。新型コロナウイルスの影響で、かなり一般的になってきましたね。

しかしそんな時に出てくるのは、「テレワークに適した部屋がない」問題

家族がいたり、ワンルームだったり、仕事に集中できる空間が家にないんだ!という悩みを抱えている人がたくさんいます。

テレワークを長く快適に続けるために、お家の環境は非常に大事ですよね。

今回は、「快適なテレワークのための間取り・レイアウト」について考え行きます。模様替えや引っ越しの際には、ぜひ参考にしてみてください。

「寝る空間」と「働く空間」を分ける

寝る部屋と仕事する部屋を別に設ける

在宅ワークの欠点は、オンオフの切り替えが難しいところ。

会社に通勤している間は、着替えて家を出て電車に乗っている間にスイッチが入り、仕事モードにできていましたが、自宅だとそれができません。

朝から眠気を振り切って業務に向かうためには、まずは物理的に「働く空間」に身を置くのが効果的。

寝室を出て、できれば書斎のような仕事用の空間を用意できればベストですね。

ワンルーム住まいで別室にできない場合はパーテーションを活用

ワンルームに住んでいたり、間取りの問題で別室でワークスペースを設けるのが難しい場合もあるでしょう。

そのような時は、パーテーションなどを活用して、とにかく「ベッドが見えない環境」を確保するだけでも効果があります。

パーテーションは、Web会議の時に背景を隠す効果も期待できます。

テントのように広げて空間を仕切るアイテムもあるので、こもった方が集中できるという人は活用すると良いでしょう。

「空気の入れ替え」も大事

仕事用に別室を確保できない場合、仕事を開始する前に必ず「部屋の空気の入れ替え」をしましょう

寝る部屋には、独特の空気や匂いが残ることがありませんか?

仕事から帰って感じるのであれば「安心感」につながる物だと思いますが、朝からそのムードの中で仕事をするのはNG。仕事モードへの切り替えを妨げ、集中できなくなる可能性があるからです。

そのため、朝一番の仕事を開始する前にはまず窓を開け、空気を入れ替えて生活臭を払拭しましょう。

部屋の空気がクリアーになるスプレーを利用したり、スッキリ系のアロマを焚くというのも効果がありそうですね。

 

「食べる空間」と「働く空間」を分ける

食事用の机とPC作業用の机を分ける

寝る場所と同様に、食事をする空間も、ワークスペースと分離させたいもの。

食事も「気持ちをオフする」効果がある行為ですから、仕事モードとごっちゃになるとうまく切り替えができず、集中力の低下を招きかねません。

パソコンで作業する机と、食事などをするダイニングテーブルも分かれている方が望ましいです。

とはいえスペースの余裕がなく、食事をするのと同じテーブルで作業するしかない場合は、「食事の時はランチョンマットを敷く」などのルールを作ってみましょう

視覚的にはっきりと「今は食事スペースなんだ」「今は仕事スペースなんだ」と区別することで、オンオフの切り替えが発生します。

もちろん、食前食後はしっかりと机の上を拭いて、食べかすなどを残さないようにしましょう。

しっかりおやつは休憩時間まで我慢。

テレワーク中のおやつ問題。

ついダラダラと食べて続けてしまい、1日でポテトチップスを何袋もたいらげてしまった…という人もいます。

仕事への集中という意味でも、健康の面でも、際限なく食べ続けるというのはあまり良いことではありません。

仕事をしながらのおやつはできるだけ控え、アメやガム程度に止めるように意識しましょう。

おやつを取り入れたい場合は、「○○時になったらおやつタイムにする」と決め、パソコンから離れて気持ちをオフにし、お茶やおやつを楽しむようにしましょう。

おやつの宅配サービスというのもあるので、日々のおやつ時間を充実させたい人は検討してみては?

ワクワクおやつの定期便 おやつ体験BOX snaq.me

ワクワクおやつの定期便 おやつ体験BOX snaq.me。素材の味を生かした安心安全、品数豊富な日本全国のマルシェおやつ…

おやつ時間も、やり方によっては気持ちを落ち着けて、その後の業務を充実させる効果を持ちます。

とにかくメリハリをつけることが大事ですね。

 

家にいながら光を感じ、リラックスできる空間を確保する

日当たりの良い部屋が一つはあると良い

ワークスペースはある程度密閉された空間でも良いのですが、家のどこかに彩光が良く、リラックスできる部屋があると良いでしょう。

通勤がなくなり、外に出る機会が減ったからこそ、太陽光を積極的に浴びる必要があります

わざわざ外に出るのは億劫に感じてしまうこともありますから、室内に「日当たりの良い場所」があることは意外と重要です。

ベランダやバルコニーで、とっておきのお昼寝タイムを

ベランダやバルコニーを、リフレッシュ空間として楽しみましょう。

例えば休憩時間にバルコニーのハンモックに揺られて目を閉じることで、脳がスッキリとリフレッシュし、その後の業務効率が上昇することが期待できます。

また、小さいテントを置いて篭ってみることで「非日常感」を楽しんだりすることも可能です。

いずれの場合も、折りたたんで収納できたり、出し入れするのが簡単なものを選ぶのがポイントです。

広げたり仕舞ったりすることに、せっかくの休憩時間を使ってしまうのはもったいないですからね。

植物を育ててみよう

窓辺やベランダがある場合におすすめなのは、植木鉢で植物を育てたり、プランター菜園にチャレンジすることです。

見た目、匂い、手触りなど、植物に接する時に人の五感はフルに活用されて、実はとても心地よい刺激になっています。

また在宅テレワークが続くと、周囲の人とのリアルな交流が減ることに、なんとなく寂しさを感じたりしませんか?水や肥料を与えるなど、世話をする対象があるということには、そんな寂しい気持ちを癒す効果があります

日々の手入れは面倒な部分もありますが、自分の世話によって成長する植物を観察することは、とても大きな充実感を得られるものです。

失敗したくない人は、園芸屋さんで育てやすい植物について尋ねてみましょう。

特に日当たりがイマイチな環境の場合、植物がうまく育たない場合があるので、日陰に適した植物を選ぶと良いですね。

おわりに

いかがでしたか?

テレワークや在宅勤務が普及し、おうち時間が増えたからこそ、住環境の充実に目を向けてみると、より良い仕事に繋がりそうですよね。

すぐに引っ越しは難しいかもしれませんが、その日のために「自分に必要な条件は何か」考えるヒントにしてください。

関連記事

ウチダさん 今住んでいる賃貸もそろそろ更新の時期だし、引越ししようかなぁ。 イエネコ まずは家探しのポイントを整理するにゃ ウチダさん 仕事もテレワークの日が多いし、そんなに駅近じゃなく[…]

在宅テレワークに適した環境を考えよう【立地条件編】