GoogleAdSenseでads.txtファイルの問題を修正する方法

GoogleAdsenseで審査が通ったあと、運用する前に設置する必要があるのが「ads.txt」ファイルです。

「ads.txtファイルの問題を修正してください。」という表示が管理画面に出て、「何か間違えたかも」と思う方もいるかもしれませんが、必ず出る画面なので安心してくださいね。

要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。
AdSenseの画面に表示される警告表示

最近自分も審査が通ったメディアがありましたので、今回はads.txtの問題を解決する方法を自分の作業時のキャプチャを交えながらサクッと紹介しちゃいます。

なお、筆者の環境はエックスサーバーなので、具体的な画面の説明はエックスサーバーのものになってしまいますが、ご了承いただければと思います。

ads.txtってなに?

修正方法の前に簡単にads.txtについて触れておきましょう。ads.txtは「アズテキスト」と読み、Googleの説明では下記の文章で説明されています。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

参照元:Google Adsense ヘルプ – ads.txt に関するガイド

なんだか難しいですが、必須ではないものの「サイト運営者が認定した販売者にのみデジタル広告枠を販売する仕組み」と覚えておけば大丈夫でしょう。

とりあえずGoogleAdSenseに警告をもらわないために、サクッと修正してしまいましょう。

サーバーの管理パネルからads.txtを設置する手順

1.サーバーの管理パネルから「ads.txt設定」画面へ移動

以下筆者がエックスサーバーなので、エックスサーバーでの方法になりますが、紹介していくので参考になれば幸いです。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルに入り、「ads.txt設定」に入りましょう。

エックスサーバのサーバ管理画面のads.txt設定に枠がついているキャプチャ画像
ads.txtから設定画面に入ろう。

2.対象ドメインの「ads.txt」の設定画面へ移動

設定画面に入ると、ドメインを選択する画面に移動するので、対象ドメインをクリックします。

ads.txt設定画面に入ったら、ads.txt設定追加画面に移動しましょう。

エックスサーバーのads.txt設定追加画面のキャプチャ
タブからads.txt設定追加画面へ

3.必要項目を入力する

あとは必要項目を入力するだけです。

広告システムgoogle.com
サイト運営者IDアドセンスの管理画面のアカウントから確認できる「パブリッシャーID」
pub-ではじまる数字の羅列
契約種別自分でアカウント管理している場合、「DIRECT」を選択。
自分でアカウントを管理していない場合、「RESELLER」を選択。
認証機関IDf08c47fec0942fa0

広告システムはgoogle.com、認証期間IDはf08c47fec0942fa0でそのまま入力しましょう。
また、サイト運営者IDはGoogleAdSenseの管理画面から確認できるpub-で始める数字の羅列になります。

GoogleAdSenseの管理画面のパブリッシャーIDが表示されている画面
サイドバーからアカウント情報をクリックしてIDを確認しよう。

契約種別は運営者が自分でない場合などはRESELLERになりますが、自分で管理しているサイトなどであればDIRECTで大丈夫です。

エックスサーバーads.txt設定追加画面のキャプチャ
必要項目を入力しよう

必要項目を入力し終わったら、確認画面へ進むを押して、そのまま画面を進めていけば大丈夫です!

FTPソフトを使っている人は直接ファイルを上げてもOK!

普段からFTPソフトなどを使っている人は、アドセンスの管理画面から「ads.txt」ファイルをダウンロードして、ルートディレクトリにそのファイルを直接上げても大丈夫です。

1.ads.txtファイルをダウンロード

まずは、AdSenseの画面からads.txtファイルをダウンロードしましょう。警告表示の「今すぐ修正」をクリックし下記画面のダウンロードからads.txt.ファイルをダウンロードしましょう。

ads.txtのダウンロードボタンのキャプチャ画像
ダウンロードをクリック

保存場所はデスクトップでもダウンロードでも自分のわかる場所で大丈夫です。

2.サイトのルートディレクトリにファイルを設置しよう。

あとは先程ダウンロードしたファイルをサイトのルートディレクトリにアップすれば大丈夫です。普段からFTPソフトなどを使用している人は、そこから上げてしまうのが一番早いでしょう。

エックスサーバーの場合ならpublic_htmlの直下にあげるだけでOK!

public_htmlの直下ファイルを開いているFTPソフトのキャプチャ画面
使用しているサーバのルートディレクトリにファイルを上げよう

サーバーからファイルを追加しても、FTPソフトから上げても、ルートディレクトリにファイルを追加するという点では一緒なので、やりやすい方法でファイルをあげましょう。

ads.txtが設置されているか確認しよう!

さて、設置が無事終わっているか念のために確認してみましょう。

確認方法は簡単でルートディレクトリにファイルを置いているので、「ドメイン / ads.txt」でファイルの中身を見ることができます。

つまりこのサイトでいうと「https://reactions.jp/ads.txt」といった感じになるので、設置したドメインで確認してみましょう。

このURLに飛んで

google.com,pub-サイト運営者ID,DIRECTかRESELLER,f08c47fec0942fa0

という画面が表示されれば設置できているということになります。

設置してから反映されるまで時間がかかることも

設置したあと、反映されるまで時間がかかることもあるので、アドセンスの管理画面の警告が消えなくても大丈夫です。

先程の確認方法でしっかりファイルが設置されていれば問題ないので、反映されるのを待ちましょう。

 

Google AdSenseの最新記事8件