リモートワークに最適なコスパ良好のポケットWifiを手に入れよう!

ウチダさん
あーポケットWifi結局なにがいいのかわからんよ!比較サイトみても、良し悪しを自分で判断できん!
イエネコ
ふーむ・・・まあ人それぞれの状況によって適したモノが違うからねぇ・・・。なにか重要視したいことはないのかい?
ウチダさん
んーリモートワーク初心者だから、金額は安いけど使いやすい「コスパ」がいいポケットWifiがいいかな。
イエネコ
なるほど!それなら「WiMAX2+」がいいと思うよ!

リモートワークを始めると自宅や外出先で快適に通信できる環境が必要になります。ポケットWifiを契約するといつでも仕事をしやすくなりますが、どの商品を選んだら良いかで悩んでしまうでしょう。そこで、この記事では一般的なテレワークの際に最適で、コスパも良好なポケットWifiを紹介します。併せて、なぜおすすめなのかも詳しく解説していきます。

最適なポケットWifiはWiMAX2+

Broad WiMAX(ワイマックス)| 工事不要のWi-Fiルーター 公式サイト
Broad WiMAX(ワイマックス)| 工事不要のWi-Fiルーター 公式Webサイト https://shigoto100.com/

ポケットWifiのサービスも多様化が進んでいて、極めて低価格で利用できるものから、高くても無制限で高速通信ができるものまであります。

その中でもリモートワークに最適なのはWiMAXです。WiMAX2+の回線になってからは安定して広い範囲での通信が可能になっていることに加えて、速度制限がほとんどかからないのがメリットです。

なぜテレワークをするときに最適なのかを確認しておきましょう。

ビデオ会議でも十分な通信速度を維持可能

リモートワークではビデオ会議に参加することが少なくありません。ZoomやTeamsなどで映像と音声の通信を行い、さらに資料の共有もする場合にはかなりの通信速度が必要になります。
上り下りのどちらも速度が十分にあることが求められますが、WiMAX2+なら上り75Mbps、下り1.2Gbps程度まで対応できるので安心です。ビデオ会議で対外交渉をするときや重役会議に出るときなどには通信トラブルで参加者にマイナスの印象を持たれるのは好ましくありません。
高速通信で安定していて、ギガ放題の契約をすればデータ量も無制限のWiMAX2+はテレワークに適しています。

速度制限があっても仕事に影響があまりない

WiMAXは速度制限を受けることもありますが、それでも比較的早い通信速度を維持するだけでなく、仕事に影響を及ぼしにくいのがメリットです。

WiMAXでは3日間で10GB以上の通信をした場合には翌日の18時から翌朝の2時まで1Mbpsの速度制限がかかります。ビデオ会議を連日行ったり、大量の資料を送受信したりした場合には10GBに到達することもあるでしょう。しかし、一般的な勤務時間帯には速度制限がかからないので快適に通信できます。

さらに、速度制限がかかっても1Mbpsは維持されるため、ウェブのブラウジングをしたり、メールの送受信をしたり、地図などを確認したりするくらいなら快適です。速度制限が気にならないのはWiMAXを選ぶ大きな魅力でしょう。

通信可能エリアが広い

WiMAXは全国の主要なところなら一通り通信可能です。テレワークをするときには必ずしも自宅勤務とは限らないでしょう。外勤が中心になっていて、あちこちに移動しながら通信する場合もあります。
新幹線の中や地方に行っても安定した接続を保つことができるのはWiMAXを使うメリットです。さらに、WiMAXの契約をするとau LTEの回線も利用できるケースがほとんどです。
WiMAXの通信が不安定になったとしてももう一つ予備の回線があるので安心でしょう。たとえWiMAXの回線トラブルが発生したとしても安心して通信を続けられます。会議中に通信が途切れるような問題にもスムーズに対応できる点で優れています。

WiMAXならコスパも最高

ポケットwifiの中でもWiMAXはコスパが高く、特にこれからずっとテレワークをする可能性が高い人に向いています。なぜWiMAXはコスパが最高と言えるのかを見ておきましょう。重要な観点は月額料金の低さと乗り換えのしやすさの2つです。

月額料金が比較的安い

ポケットWiFiの中でもWiMAXは月額料金が比較的安くなっています。業界最安値を誇っている場合が多いのがBroad WiMAXで、ギガ放題プランでは最初の2か月は2,726円、24か月目までは3,411円、25か月目以降は4,011円です。

ライトプランで契約をすると24か月目までは2,726円で、25か月目以降は3,326円になります。一般的に通信速度が速くて制限が緩いポケットWiFiは3,000円台後半から4,000円台になるので、特に初期にはコスパが高いとわかるでしょう。他にも、キャッシュバックキャンペーンをしていて一定期間利用すると数万円単位でキャッシュバックを受けられるお得な会社もあります。安くて快適なポケットWiFiを探すならWiMAXがうってつけでしょう。

WiMAXは乗り換えが可能

WiMAXはBroad WiMAX以外にもGMOとくとくBBやBiglobeなどの各社が提供しています。どの会社と契約しても通信速度などにほとんど違いはなく、使い勝手もほぼ同じです。

しかし、料金については乗り換えをするとキャンペーン価格などが適用されるため、契約後2年から3年くらいは安上がりになります。例えば、Broad WiMAXを使い始めて料金が高くなったら他社のWiMAXに乗り換え、また高くなったら乗り換えるということを繰り返していればコスパがとても高くなるのです。

乗り換えたために通信速度などが変わるわけではなく、同じ端末を使って通信もできるのでお得な使い方ができます。

WiMAXの活用がコスパ良好

ポケットWifiにも色々な種類がありますが、リモートワークに十分なスペックを持っていて汎用性が高く、コスパも問題ないのはWiMAXです。

特にテレワークが長期化する可能性があるならBroad WiMAXのコスパが高いでしょう。WiMAXは他社への乗り換えによって安上がりになるメリットもあるので、今後のテレワークに生かすのに最適な選択肢です。