【Photoshop CC】1分でできる簡単方法!丸や円形で綺麗に透過グラデーションさせる方法

どうも!Photoshopで一方向から透過・グラデーションはマスクで簡単に出来るんだけど、丸や円形だとうまく出来ない!ということありますよね。

先日仕事で必要になり、一つ良い方法がありましたので、そちらを備忘録がてら紹介したいと思います。

まん丸の透過グラデーションは円形グラデーションである程度綺麗に作れる

この記事に辿り着いた方は、円形グラデーションでうまくいかなかった方が多いと思いますが、まん丸なら割と円形グラデーションで綺麗に出来ますね。

表示させたい箇所が透過しすぎている、縁がはっきりしすぎているなどでなかなかうまくいかない時は下記の設定がおすすめです。

方法を「知覚的」から「リニア」に変更

円形グラデーションを選択 リニアを選択
オプションバーで円形グラデーション・方法をリニアに設定

まずは、オプションバーからグラデーションは「円形グラデーション」を選択しましょう。

そして、方法を「知覚的」から「リニア」へ変更。

ぼかしで調節

この状態の設定で、マスクを使用して画像に丸グラデーションをかけましょう。

あとは、マスクをかけた後にプロパティパネルでお好みでぼかしを調節します。ここまでで想像してる通りにならなかった人は、リニア以外の方法も試してみてください。

Photoshopプロパティパネル
ぼかしを調節して整えよう

今の設定で丸のマスクをかけた透過のグラデーションはこんな感じです。

徐々に透過グラデーションをかけた猫の写真

割と綺麗に丸の透過のグラデーションが出来ていますね!

長方形の丸などの透過グラデーションを綺麗に作る方法

さて、まん丸の場合は上記の方法で良いのですが、楕円など変形した円状のグラデーションは、円形グラデーションで作成するのは難しいので、違うやり方を紹介したいと思います。

といってもとても簡単で楕円形選択ツールで使いたい箇所を選択して、コピーして貼り付けるだけです。

楕円形選択ツールのオプションを調整しよう

まずは楕円形選択ツールを選択し、オプションバーの設定の「ぼかし」を調節(15~25程度がおすすめ)し、アンチエイリアスにチェックをつけ、スタイルは標準に。

ぼかしを調節 アンチエイリアスにチェック スタイルは標準を選択

切り抜きたい箇所を楕円形選択ツールで選択

猫の写真を楕円形選択ツールで横長に選択しているスクリーンショット
切り抜きたい箇所を選択しよう

選択箇所をコピーして新しいレイヤーなどに貼り付けよう。

あとは、選択箇所をコピーして、新しいレイヤーでも新しいファイルでも好きな場所に貼り付けるだけです。

するとオプションに合わせて境界線がぼかされた状態で貼り付けることができますので、仕上がりを調整したい方はぼかしなどを調整して、試してみてくださいね。

楕円形に透過されていく猫の写真
ぼかし25pxでこんな感じに仕上がりました!

状況にあった方法を選択しよう

いかがでしたか?

読んでいる時に気づいた方もいるかもしれませんが、もちろん最初に紹介したまん丸のグラデーションも二つ目の方法で作ることも可能です。

ただもちろんマスクではないので、後に細かい調節などは出来ないというデメリットもありますので、その時の状況にあった方法を選択して、効率良い作業をしましょう!