【Illustrator】1分で作成!縁付き文字をサクッと作る方法

動画や写真の上に文字をのせたい時、デザインされた字を作りたい時、さくっと縁付き文字を使いたい時って多いですよね。

フリー素材で文字の素材を探すのもよいですが、ちょうど良いものを見つけるのは大変なので、Illustratorでさくっと作るのをオススメします。

本当に1分で作れますので覚えて作れるようになっておきましょう!

Illustratorで縁付き文字を作る方法

1. まずは文字ツールで文字を書こう

まずは文字ツールでなんでもよいので文字を書きましょう。

文字ツールでまずは文字を書こう
文字ツールでまずは文字を書こう

2. アピアランスパネルを開こう

作成した文字を選択したままメニューパネルから「ウィンドウ」→「アピアランス」を選択してアピアランスパネルを開きましょう。

ウィンドウからアピアランスから選択
ウィンドウからアピアランスから選択

3. アピアランスパネルから新規線を追加しよう

アピアランスパネルの左下の四角のボタンから「新規線を追加」を押して新しい線を追加しましょう。

パネルの左下のボタンの新規線の追加を押そう
パネルの左下のボタンの新規線の追加を押そう

また、最初からある線が表示されている時はそちらの線はなしにしておきましょう。

下矢印を選択 スウォッチパネルから無を選択
元から設定されている線はなしにしておきましょう

4. 追加した線を塗りの下へもっていこう

線を追加できたのですが、このままだと線が塗りの上に表示されている状態なので、塗りの下へ移動しましょう。

移動の仕方はドラッグ&ドロップで移動しましょう。仕組みはレイヤーと一緒でパネルの下にあるものほど下にある形です。

追加した線を塗りの下へもっていこう
追加した線を塗りの下へもっていこう

5. 線の色を変更しよう

線を追加した時点では線の色は黒なので、色を好きな色に変更しましょう。

変更の仕方はスウォッチの色でも変更できますが、今回は自由に色を変更できる線パネルからの変更方法を紹介します。

1.追加した線を選択 2.ツールバーの線をダブルクリック 3.カラーピッカーで色を選択
カラーピッカーで線の色を自由に変更しよう

6. 線の太さを変更しよう

アピアランスパネルから線の太さを好きな太さに変更してみましょう。

線の太さを変更
線の太さを自由に変更してみましょう

文字がギザギザしないように線の角を丸にしよう

縁文字ができたのですが、このままだと拡大して文字をみてみると文字によっては縁文字の角がギザギザしていることがあります。

このギザギザを改善するにはメニューパネルから「ウィンドウ」→「線」を選択して線パネルを開きましょう。

線パネルの角の形状を丸にするとギザギザが丸みを帯びて自然な縁文字になります。

角の形状を丸にする
線パネルから角の形状を丸にしよう

いかがでしたか?

縁文字は汎用性が高いので、今後ぜひ活用してみてください!