【20L以上】PCの持ち運びにぴったりのテレワーカー向けバックパックはこれ!【2021年版】

はじめに

テレワーク・リモートワークが普及し、働く場所を選べる時代。
自宅はもちろんコワーキングスペース、シェアオフィス、ホテル、カフェなど様々な場所で作業ができるようになってきました。

そこで大事になるのは、移動の際に利用するバッグ。PCを安全に持ち運べて、書類などの収納に便利で、いつでもどこでも自分のオフィスとして快適な仕事ができるものが理想ですよね。

また人によっては、ジムで運動、習い事、飲み会など、仕事の前後の予定にも対応できるというのも大事かもしれません。

今回は色々な場所で身軽に働く人にぴったりのバックパックを、容量20L以上のものに限定してご紹介します

テレワーク中の移動はもちろん、1泊旅行にも対応できるサイズ感です。
お荷物多めの方、ぜひ参考にしてみてください。

デキるビジネスマンにぴったりのスマートなバックパック4選

[ THE NORTH FACE / ザノースフェイス] リュック シャトルデイパック 容量25L

おしゃれビジネスバックパックの代表格・ THE NORTH FACEのシャトルデイパック!
街で見かけることも多いのではないでしょうか?

アウトドアブランドならではの強度を保ちながら、立体的なショルダーハーネスなので背負い心地も良しすっきりとした四角いフォルムはビジネスシーンにおいても違和感ありません

PCを収納のためのコンパートメントが背中側にあり、止水ジッパーなのでチャック部分から水が染みる心配もないでしょう。

背面にはスーツケースのウィラーを通せるスリット、貴重品を入れる上部ポケットなど、ビジネス利用に必要な要素を全て備えた「究極のバックパック」と言えるでしょう。

[Arc teryx / アークテリクス] BLADE28 容量28L

カナダ発、特徴的な始祖鳥のロゴが目を引くArc teryx(アークテリクス)から、ビジネス利用におすすめなのがこちらの商品。

コロンとした丸みのあるフォルムがかわいらしい一方、ビジネス利用にぴったりな様々な工夫がされているんです!

まずは縦にも横にも持てるデザイン。背負えない時にはさっと横のハンドルを持つことでトートバックのように使えます

15インチまでのノートパソコンやタブレットが入るコンパートメントが外側にあり、背面には出張など荷物を入れるのに便利なメインコンパートメント。側面にはスマホや財布、鍵などが入るポケットが複数あります。

メインコンパートメントはスーツケースのようにガバッと開く上に、荷物を分けて入れられるので中でぐちゃぐちゃになってしまう心配なし。
出張など遠出の機会はもちろん、仕事のあとにジムやヨガなどに通う人も、着替えなど入れるのにちょうど良いでしょう。

コンパクトサイズが良い方は20Lのバージョンもあるのでこちらもチェック!

 [CHROME / クローム]URBAN EX 2.0 ROLLTOP 容量30L

CHROMEはアメリカのコロラド州で生まれた、メッセンジャーバックを始めとする自転車乗りに向けてのブランド
頑丈な素材、防水性、ミニマルなデザインが特徴で、無骨な感じがめちゃくちゃかっこいい!

メンズ感強めですが、あえて女子が持つのもクールでかっこいいのではと思われます。

こちらの商品はロールトップ仕様なので、荷物の量によって形を調節でき、なおかつ雨に強いのが特徴
ゲリラ豪雨などが増えている昨今、濡らしたくないガジェットや書類などを持ち歩く人には心強いでしょう。

無駄のないデザインですが、その分大容量で、もちろんPC収納用のポケットも付いています。

[MAMMUT/マムート]Seon Transporter 25 容量25L

スイス発の登山用品ブランドであるMAMMUTは、高い耐久性と機能性を誇り、アルピニストからの信頼も厚いのが特徴です。
そんなMAMMUTが登山用品で使用する技術を生かし、タウンユースにもぴったりのバックパックを作成しています。

そんな中で、特におすすめなのがSeon(ゼオン)シリーズ
「From Work To Climb」をコンセプトに、仕事中はもちろんアフタービジネスも充実させる、様々な工夫が施されたシリーズなんです!

こちらの商品は、既発の商品が2021年3月にモデルチェンジしたもの。

「WORK」と「CLIMB」の二つのコンパートメントに分かれ、仕事で使うものとその他の道具を分けて収納することができます。
「CLIMB」コンパートメントの中にはシューズ収納スペースもあるので、登山はもちろんジム、ボルダリングなどを楽しむ人にもうれしい工夫ですね。

上部には貴重品用のポケット、背面にはスーツケースに通せるバンドもあるので、ビジネスシーンでも利用にももちろん十分な機能を備えています。

カジュアルめ・大容量なバックパック4選

[MYSTERY RANCH / ミステリーランチ] URBAN ASSAULT 24 容量24L

アメリカ・モンタナ州に拠点を置くMYSTERY RANCHは、ミリタリー、ハンター、登山家などに過酷な環境で使用されることを想定したバックパックブランド。機能性・快適性・耐久性を備えています。

Y字の3ジッパーが目を引く本商品、立てたままでもメインコンパートメントがばかっと開き、底の方までバッチリ見えるんですね。
荷物が沈んでしまう現象が嫌いな人にはぴったり!

小物入れになるジッパー付きポケットも多いですね。
背面にはPC・書類を収納できるスペースがあり、ワイルドなデザインながらビジネス利用にも十分な機能を備えているんです!

21L、18Lのコンパクトサイズもあるので、生活スタイルに合わせて細かくサイズを選べるのもありがたいですね。

### [Karrimor / カリマー] デイパック tribute 25 容量25L
登山好きな人にはど定番ブランド、イギリス発のKarrimorからも、ビジネス利用できるバックパックが出ているんです!

背面のPCポケット、メインコンパートメント、フロントポケットの三層からできており、インナーカラーは視認性の高い黄緑色なのがグッドです。

そしてちょっとうれしいのが、サイドについているジッパーポケット。
社員証とかスマホとか鍵とか、バックパックを背負ったままスッと取り出したい物ってありますよね?そういう時に非常に便利なんです!

[Patagonia / パタゴニア] Refugio Pack 容量28L

言わずと知れたおしゃれアウトドアブランドのパタゴニア。環境負荷の少ない物づくりに取り組んでおり、「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む」というコンセプトを持っています。

本商品はコロンと丸みのあるデザインで、メンズ・レディースどちらも利用できそう。

メインコンパートメントに15インチPCを収納できるパッド入りポケットを備え大容量。一方でフロントポケットは小物の整理に向いた形になっています。

ビビットなバイカラーのラインナップもあるので、派手カラー好きも納得!

チェストベルト、サイドのドリンクホルダーなど、アウトドア利用で必要な機能も充実
横から見た時の厚みが気になる方は、アジャスターをきゅっと絞って利用してくださいね。

 [FJALL RAVEN / フェールラーベン] Raven28 容量28L

キツネマークのカンケンバッグで有名な、スウェーデン発のアウトドアブランド「FJALL RAVEN」。
シンプルさとかわいさが共存するデザインで、男女ともに人気があります。

テレワーカーにおすすめなのは、「Raven」シリーズの28Lサイズ。

PC収納には背面ポケット、大容量のメインポケット、小物を仕分けられるフロントポケットの3層構造。
それに加えてトップに小物入れがあり、サングラス、スマホ、デジカメなど壊れやすいものの収納に適しています。

耐久素材 G1000 Heavy Dutyを利用しており、別売の蜜蝋ワックスを塗布するとさらに防御力がアップします!
全18色から選べるカラーバリエーションも豊富で、自分用はもちろん、異性に好きな色を聞いておいてプレゼントにするのも良いのではと思います。

おわりに

いかがでしたか?
テレワーク中の移動はもちろん、ちょっとした旅行にも使えそうな、丈夫さと機能性を兼ね備えたバックパックには目移りしますね!

バッグの購入に悩んでいる方はぜひご参考にしてください!